スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道ガイダンス Part13

2013/05/04

こんにちは、更新がまたもや止まっておりますがお許しください……(ー"ー;)!


今回の「寄り道」ではギルドナイトのフレアが度々言っているチョモの「全盛期」について説明していこうと思います。

チョモは第三章『女神と呼ばれたハンター』でふれたように、幼少期にフレアが村を去っってしまったショックで性格が荒んでしまいます。
その後フレアと再開を果たすまでチョモはギルドやハンター達の間で多くの悪行(素材の横領やハンターを襲っての窃盗など)を繰り広げてきました。
まぁ、そのお陰でフレアが派遣され、再開に至った訳ですが……。

その後しばらくフレアとチョモの激しい対立が続きます。
その中でも初めの方はかなり殺伐とした様子でした。
……その頃のチョモはフレアを全身全霊でヘイトしていましたから当然と言えば当然ですが。

ほぼ殺す気で掛かっていたチョモなのですが、フレアが一度も手を上げようとしないことに少しずつ疑問を持ち始め、やかて会話をする程度の仲にまでは戻っていきます。
それでも心を開こうとはしませんでしたが、フレアが戻って来てくれたいうことで知らない内に心に少しの余裕が出来始めていたチョモは次第に過激な事はしないようになっていきました。

この少し後の話が『女神と呼ばれたハンター』となっております。

フレアの事に関しては美談のように聞こえるかもしれませんが、当時の彼が歩んだ道は毎日命を落とすかもしれないと感じていた、正に地獄の日々
それでも彼女を変えてしまったのが自分のせいだと責め続けていたことが、彼のパワーの源なのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽太郎

Author:楽太郎
モンハン好きの誰しもが自分の『世界』を持っているはず。この話はそんな世界の一部分です。
楽しんで読んでもらえたら幸いですね
(・◇・@)

お客様カウンター
こんなお時間ですニャ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。